LOG IN

2017-10-16

by kikoko

g.o.a.tでブログを書く人たちが集まったmeetupイベントに参加した。

大学生の頃から、名刺交換が目的のようなイベントが大っ嫌いだった。
お酒を注ぎに回る人あり、「Facebookが~」と人脈形成に走る人あり、「◯◯な団体に入ってて~」と団体に所属することを吹聴してまわる人ありと、バカみたいって思わずにいられなくて。


あっという間に社会人になった。

名刺交換ができないのは本当に痛いと感じざるを得ない日々がある。


誰に声をかけたらいいか分からない。

誰とだったら話が続くんだ、そもそもこの人たち皆他の人との交流もしたくて来てるんだ、だったらぼくと話し続けるのは機会損失だ、だからあんまり話を弾ませるのは良くないな、この人色んな肩書あってすごいな....etc。


ダメだあ、みんなすごく見える...


今日、イベントに名刺を持っていっていた。
そこそこ高い名刺ケースに入ってる。


いや、、、渡せない....。手が出ない。
自分の肩書なんて、たかが新卒入社半年の出来損ないプログラマでしかない。


涼しい顔して卑屈な言葉が量産されちゃうのは、今日が仕事だからなのだろうか。
そうであればいいな。


やっぱり、嫉妬する。

「わたし、◯◯やってます。」
「こういうことをやってます。」とか。

見なかったことにしたい。だってぼくにはできないんだもん。



今日の出来事は、記憶の奥底に、このブログとともに眠る。

きっと、挑戦できない人間の、挑戦できない言い訳として残る。


今日は仕事だ。

いつもと同じ、平日の朝を。
間違いない一日を。

今日も。





kikoko
OTHER SNAPS