LOG IN

きっとこんなハレゾラ

by kikoko

バケツ一杯に水を入れる。

重さに腕が震えてくる。


ぼくは、この重たい物質を、生きている命へと授けてくる。


ボトボト落ちるしずくには目もくれず、勢い良くこぼれ落ちる水が
土を黒焦げ茶に変えていく。


一ミリも見た目を変えたところを見たことがない。
人間なんか、コロコロ見た目が変わるというのに。


毎日の日課が終わる。

一日が始まろうとする。


ぼくは、水と、木々と生きている。



kikoko
OTHER SNAPS