LOG IN

2017-12-31

by kikoko

今年は色んなことがあった。

いちいち全容を覚えてられない。


クズなことから始まった一年だった。

半端なまま大学は辞めたしたくさんの人の好意を無下にした。


社会人になったけれど上手くやれてるかは分からない。

誰かの評価を聞いてる余裕がない。


全社員がいる本社を抜けて支社に配属にさせてもらったりした。

気楽さと責任の大きさは相反してるようで自分に心地よさを与えてくれる麻薬のようでもあった。


8月の最終日を皮切りに計4人が会社を去った。

いちいち悲しんでられない忙しさと、きちんと退職を祝ってあげられない環境を呪った。


人を平気で切るくせに、人の機微に敏感なのが納得いかない。

じぶんの心の中途半端さ、それをとにかく痛感した一年だった。


一年前の自分に、何か変わったことは?と聞かれたら迷わずこう答えるかな。

「かまってもらえる内が華ってことに気づいたことかなあ。」


本厄だった今年。

来年は年男だ。

社会人2年目にも突入する。


どうぞ、来年もよろしく。

そして、ありがとうございました。2017年。


kikoko
OTHER SNAPS