LOG IN

『Lin:KU』 - フリーペーパー考

by kikoko

フリーペーパーを紹介するコーナー、今回も張り切って更新します!!!


最近、新しいフリーペーパーを補給しに福岡県立美術館やらに行ったりしました。インドア派の人間なので、フリペを探すためとは言え外に出るのは辛い...。

そういえばつい最近、4年ぶりに自転車に乗りました。高校時代は毎日乗ってたチャリ、大学生になって初めて乗りましたが、それはそれは...。
まずサビがひどすぎて動かない(´;ω;`)

たまには外で身体を動かさんとなあ...。布団から出たくねえええええええ。



さて!!!!

フリーペーパーを紹介するこのコーナー、まだまだ昨年に只本屋に行ったときのフリペを紹介しきれてません。もうちょっと更新頻度上げないとな..!


というわけで!!!!!!!!

今回紹介するのは、、、

Lin:KU vol.10

です。持ってるのはこの一部のみです。


どうやらLin:KUの"KU"は関西大学のことを指してるのかなと思います。

配布場所とか、詳しくは公式ホームページをチェック!



それではさっそく色々見ていきます。


インスタを思わせる色合い・風味

表紙をめくる前に、違和感が。

にゃく肉強食

ニャンだ?
紙が妙にザラザラしてるニャン。

肉球

最近こういうしっかりした紙のフリペは
見ないなあ。

にゃく肉強食

何エラそうに言ってるニャ。
大した数見たこと無いくせにニャ。


そう、紙質がしっかりしてます。前回紹介した、「大宰府自慢」もたしかに分厚目な紙だったのですが、このLin:KUに使われている紙も同様に厚さがあります。

どちらかというとマットな紙質なので、光沢が目立たず、載ってる写真もどちらかというとインスタで加工したときのような、淡く、ノスタルジーすら感じさせるような仕上がりになってるように思います。


パッと見た感じの見た目といい、パラパラっとめくった感じといい、第一印象はムック本といった感じです。


節目の10号。『新しいこと、始めました。』

表紙。


"God"、"only"ときたら"knows"でしょ!!と思ってちょっと探したのですがありませんでした。
さびしい。

一枚めくると、『はじめの、第一歩。』の文字が。


この号は、節目の10号ということで、なにかを始めるキッカケを追ったり、そのエピソードを聴いたりと、まさしく第一歩にフォーカスした号になっています。


こういうフレーズをきくと思わず

マイケル・ジャクソンのこの曲を思い出してしまいます。

横道に逸れるのですが、音楽って、歌詞云々よりも歌い手の声が良ければ最高!!って考えなんですが皆さんはいかがでしょうか。



実際にめくってみると、、

目次から内容を見るに、『実は◯◯始めました』、『この夏読みたい10冊』など、じぶんの夏休みを触発してくれそうになっていますね。

余白がふんだんに取られてます。こういうの、埋めたくなっちゃうんですが、それだと途端にデザインとしてダサくなったりするんですよね~~、、



こんな夏はイヤダ

さて、このvol.10は夏に発刊してまして、現在(2017年2月5日)とは季節が違いすぎてます。ごめんなさいね、最新号は持ってないんです(T_T)


で。

中でも『おっ!』と思ったのがこの企画。

こんな夏はイヤダ


ええ。

ユルユルです。


いろんな「こんな夏はイヤだ」が載ってます。

教授のクールビズの度が過ぎる

...。

どうしたんでしょうね。しかも、心なしか授業を聴いている学生たちから、ぼのぼのみたいな妙な汗が出てます。ぼのぼのはかわいいけど、この教授はただの変態ですね。

しまっちゃうおじさんがやってきてしまいます。


これ見て、最近まで受けてた授業を担当してた教授の格好を思い出しました。


白のタートルネックだったんですけど、こんな感じで、、、

なんかやたらとエッチなお姉さんみたいな感じになってるんですよ!!!
しかも、博物館の学芸員さんとのことで、なんだか余計に悶々しません????????????


クールビズの概念を積極的に履き違えてほしいなあと思いました。はい。


おっと、話が脱線しましたが、夏生まれのじぶんにとっても夏は本当に鬱陶しい季節だなあと思います。
暑いし。暑い。何より、暑い。

ハエはウジャウジャいるし、日焼けするし。暑い。
ただ、海に行くと普段は見られない光景がわんさか見れるので、それだけは許します。(何様)

なので、ぼく的に「こんな夏はイヤだ」を挙げるとすれば、『海に長袖長ズボンの格好の人間しかいない』でしょうか。地獄です。海の家を運営してたら、思わず「なんて日だ!!!」って叫んでしまうでしょう。


どこから読む?

前半部分はインタビューなど、カッチリとした記事。
後半は方言やコラムなど、エンタメ色の強い記事が並んでいます。

どこから読んでもいいと思うのですが、前半部分はちょっと敷居が高いかなと思ってしまいました。
特にインタビュー記事。文字の小ささが読みづらさをアップさせてるかなと感じました。

使われている写真の構図の大胆さに目を惹かれて、先に前半部分を読もうとしたのですが、その写真と比較して文字の小ささに余計に読みづらさを感じてしまい、一回誌面をパタリと閉じてしまいました...。


どちらかというと、後半部分のエンタメ記事から読んだほうがとっつきやすそうかなと思います。



シンプル。潔さ。

こちらは一番最後の見開きページです。制作メンバーの写真だったり、Lin:KUさんの団体紹介だったりが載っています。

ボク自身、フリーペーパーを制作したことがあるのですが、このページ、すぐにでも取り入れたいなあって思ってウズウズしてしまいました。


特にメンバー募集だったり、編集後記と呼ばれるページは、ここぞとばかりにいろんな情報を詰め込みたくなってしまうんです...(´;ω;`)
「SNSやってます」とか「編集・配布・企画など全部学生でやってます」とかね...。


このフリペ、全体的にたくさんのことが詰め込んであるなあ、すごいなあとひたすら感心しっぱなしになるのですが、最後の最後、一番重要なところでシンプルさが見えるのってドキューーンって感じですよほんとに。


初心に帰らされました...。ありがとうございますm(_ _)m


終わりに

さてさて、迷走気味なフリペ紹介ですが。。。
次回もお楽しみに~~~。


Twitterやってます。


kikoko
OTHER SNAPS